比翼仕立ての訪問着〜松たか子さんの着物姿より

松たか子さんの着物姿

半年で着付け師デビューが目指せる着付け塾
きもの美人道*ひとみです。

先日、アカデミー賞で、松たか子さんが、
「アナと雪の女王」を熱唱し、その歌唱力もさりながら、
レッドカーペットでの着物姿が話題になりました。

せっかくですから、松たか子さんの着物から、
着物の基礎知識をちょこっとお勉強しちゃいましょう。

難しいと言われる着物の世界。
リアルにお見本があると、記憶に残りますよ!

 

1. 疋田(ひった)総絞り

疋田(ひった)

疋田とは絞りの一つの手法です。
四隅をつまんで、糸でくくり、防染し、
染めたら外す、
細かな手仕事で熟練の技が必要です。

出来上がった模様は、
子鹿の背の斑点に似ています。

成人式のとき、
疋田総絞りの帯揚げを
された経験がある方も多いでしょう。

仕上がった生地は、しぼが立つので、
その分余計に布が必要になります。

手間暇かけた手仕事ですので、
それなりにお値段も高価なものとなります。

最近は、プリント柄で「絞り」もありますが、
本物とは、全く違うものなのです。

2. 高麗屋の家紋〜四つ花菱

松たか子さんと言えば、
歌舞伎の名家・高麗屋さんのお嬢様でもあります。

四つ花菱

高麗屋さんの家紋は、「四つ花菱」で、
松さんの訪問着には、
この四つ花菱の家紋がありました。

四つ花菱家紋

池や沼に浮かぶ水草だそうです。
菱というと、
ひな祭りの菱餅が思い浮かんじゃう私です。^^

菱形って、女性性を表すので、
ひな祭りに菱餅を食べるのは、
意味があることだそうですよ。

ここぞ、というときに、
自分のアイデンティティーが示せるのって、
大事なことですね。

3. 比翼仕立ての訪問着

比翼(ひよく)

松たか子さんの訪問着は、

比翼仕立て、とありました。

比翼・または比翼仕立てとは、
「布を部分的に重ねて仕立てる」
ことをさします。

重ねる部分とは、
衿、袖口、振り、裾回し、衽(おくみ)
です。

「重ねる」ことは
「お祝いを重ねる」に通じるので、
比翼仕立てにすることは、
おめでたさが増し、華やかになります。

松たか子さんの比翼は「白」で、
とっても上品ですね。

私も、総絞りとはいきませんが、
比翼仕立ての訪問着を持っております。
比翼は2色です。

比翼仕立ての訪問着

袖口から覗く色目、
歩くとちらっと見える裾周りの比翼は、
十二単とまではいかずとも、
ゴージャス感があってとても好きです。

<補足>
留袖は本来、「お祝いを重ねる」意から、
白羽二重(はぶたえ)の着物を
黒い着物の下に重ねて着用しました。
これを「本重ね」と言います。

しかし、着物を二枚一度に着るのは、
なかなか難しいですし、
第一に重たいです。

なので、現在は「比翼仕立て」が主流で、
「本重ね」は滅多に見なくなりました。

4. まとめ

このたびの松たか子さんのお着物姿は、
*疋田総絞り
*ご実家の家紋である「四つ花菱」の縫いとり
*比翼仕立て

がポイントでした。
これは、きっと見た目以上に
重たかったのではないでしょうか?

付け加えれば、
帯はお母様から譲られたもので、
以前にも閉められていたそうですね。
とても素敵でした!

また、帯揚げをほとんど見せない着付けも
一本筋が通った感じがあります。

松さんの着物姿は、
海外からの評判も高かったのは嬉しいですね。

日頃より和装に親しむ梨園出身の松さんの、
プライスレスな美しさを、
単純に、地味とか派手とかではなく、
日本人なら真っ先に汲み取れるような教育が
なされてないと恥ずかしいな、と思いました。

 

 

 

関連記事

  1. 吉田羊の紫色の着物姿

    吉田羊さんの着物姿〜美しいキモノ2020春号

  2. 雛人形

    雛人形

  3. きもの展@東京国立博物館へ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。